品質管理体制

品質管理体制

弊社では、エンドユーザーの皆様だけでなく、健康食品・サプリメントの受託製造を検討されているお客様にも安心していただけるよう、アレルギー検査、落下細菌を含む微生物試験、外部と連携した防虫防鼠対策を行い、異物混入対策に力を入れおります。また、健康補助食品GMP(日本健康栄養協会)の認証を取得しております。今後もGMPに基づいて、商品クオリティの維持・向上に努めております。

製造環境・設備の清浄度管理等の厳格な品質管理体制にて、製造現場のフォローアップも行うとともに、原材料調査から製品出荷、出荷後の製品クレームへの対応までのプロセス・品質フォローを高性能分析機器や様々な特殊試験機器を用い、安全性・安定性などの品質試験を行っております。

品質管理工程

①原材料受入れ試験

 
微生物検査による安全性の確認及び外観確認や原料成績書との照合により、規格通りの原料であるか等を検査。

②中間品試験

工程の間で製品特性に応じた検査(寸法・重量、水分値など)を行い、次工程へ進めるかの判断を行う。

③最終製品試験

物性試験及び微生物検査、理化学試験など様々な製品特性、安全性に関する厳格な検査を製品試験として実施。

④総合判断

これまで実施した様々な試験の結果や製造時の実績などから総合的に判断し、出荷の可否を判定。

⑤品質フォロー

お客様のご要望に応じて、製品の安定性を確認する安定性試験を実施しております。

品質管理工程